プロフィール
後藤哲夫 ■経歴
1969年 香川県生まれ
1993年 芝浦工業大学工学部建築学科卒業
1995年 同大学修士課程修了
1995〜97年 隈研吾建築都市設計事務所所属
1997〜99年 独立し沖縄で設計事務活動を行う
2000年 哲アーキテクツ設立
2001年 フランス人建築家:Marc Bareni
(フランス・ニース)のもとで研修を受ける
2004年 有限会社 後藤哲夫建築事務所に社名変更
■所属団体
(社)香川県建築士会 http://kagawakenchikushikai.com
(社)日本建築学会 http://www.aij.or.jp/aijhomej.htm
(社)日本医療福祉建築協会  http://www.jiha.jp

建築設計にあたっての考え方
建築設計において大切にしていることは、「クライアントとのコミュニケーションを多く取ること」です。
何度も何度も打ち合わせを重ね、お互いに」納得できる建築を創り上げたいです。
ただ単に、クライアントから言われたことだけを図面化するのではなく、新たな考えを提案してゆきます。
そして目指すところは、住む人・見る人の「こころを動かす建築(感動)」をつくることです。

クライアントへのメッセージ
建築設計において、クライアントの意見は大切な要因の一つです。
「何でも良いですよ」と建築士に任せっきりにするのではなく、
「どの様な建築を作りたいか」漠然とした言葉でも良いのでこだわりを伝えてください。
そのこだわりを「かたち」として表すことが建築士の仕事だと考えます。
建築は、「クライアント」「建築士」「施工業者」みんなが一生懸命になった時、
納得できるものができあがると思っています。
「建築士」「施工業者」が建築の勉強をすることは当然のことですが、
所有者である「クライアント」も積極的に建築に興味を持っていただきたいです。

 


■受賞

1993年 東京ガス・銀座ポケットパーク「卒業設計制作展」第10回記念コンペティション 銀賞受賞
1994年 第4回建築学生・設計大賞’94 設計大賞受賞
2003年 社団法人 香川県建築士会主催 平成14年度優良建築作品受賞 
「わしょく家 二蝶
2007年 香川県高齢化対応住宅コンクール 優秀賞受賞 
行寺池の家」 
2008年 社団法人 照明学会四国支部 平成19年度四国照明賞受賞 
西川クリニック」
社団法人 香川県建築士会主催 平成19年度高松支部表彰 
Fort House
2009年 社団法人 日本医療福祉建築協会 医療福祉建築賞2008受賞 
うむやすみゃあす・ん診療所
2010年 第3回香川県福祉のまちづくり賞受賞 
西川クリニック
2011年 アイジー工業梶@優良物件コンテスト受賞
楓の森整形外科
TOYO KITCHEN 第10回『キッチンに住む』フォトコンテスト 審査員賞受賞
「Modern Romantic House」
一般社団法人 香川県建築士会主催 平成23年度高松支部表彰受賞 
長尾東の家

■書籍・雑誌掲載
 [Asian Gate House]
 ・住宅特集(2000/07)
 ・住宅特集(2000/08)
 ・家庭画報(2000/08)
 ・モダンリビング(2002/11)
 ・住宅特集(2001/07)
 ・建築設計資料集成「住居」(日本建築学会=編)
 ・『THE GOLD』
 ・『24の家』(小学館)
 ・行列のできる建築家名鑑(扶桑社)
 ・『THE NEW EAST Design and style in Asia』(Rizzoli)
 ・『ニュー・オリエンタルスタイル』(グラフィック社)
 ・『New Zen 』(eightbooks)
 ・ニューヨークタイムズ&ヘラルドトリビューン
 ・『66人の建築家がつくった「たったひとつの家」』(世界文化社)(2010/4)
 [Hさんの家]
 ・新しい住まいの設計(2002/10)
 [行寺池の家]
 ・新しい住まいの設計(2005/03)
 ・行列のできる建築家名鑑(扶桑社)
 [サロン閑]
 ・meditative spaces(UNIVERSE)
 [中庭で遊べる家]
 ・TJかがわ(2007/6)
 [香西歯科]
 ・マンスリー・エム(2007/8)
 [Fort house]
 ・モダンリビング183号(2009/3)
 [courtyard & garage house]
 ・ホームシアターファイルVol.54(2009/8)
 [monotone house]
 ・Komachi MOOK 香川の家(2010冬・春号(2010/1)
 ・ML(モダンリビング)+VIEW(2010/5)潟Aシェット婦人画報社
 [介護老人施設五色台]
 ・建築ジャーナル(2014/3)